オープンハウスのお知らせ

現在着工中の一宮市内の戸建てリノベーション。
終盤戦に入ってきました。
来週末にはお引渡し!
いつになってもこの時期は緊張します。
今まで気軽に脚を運んでいましたが、お引渡し後はお施主様の生活が始まり、そうはいきません。
なのでお引渡しまでに気になるところはないか、集中して細かいところまでチェックします。
この子(物件)のいい旅立ちを願いながら・・・

お施主様のご好意によりオープンハウスをさせていただくことになりました。
―6/17(日)一日限りの完成見学会―
日程:6月17日(日)
時間:10:00~16:00(予約制)
場所:愛知県一宮市
   詳しい住所はご予約頂いてから、ご連絡いたします。
ご希望の方は、CONTACTからお願いいたします。
お名前、ご連絡先、ご希望のお時間、家族構成(参加人数)をお書きの上、ご予約お願いいたします。
リノベーションをお考えの方はもちろん、新築注文住宅をお考えの方も是非ご参加ください!
お待ちしております。

戸建てリノベーション

戸建てのリノベーションが始まっています。
季節も暖かくなり、現場も気持ちがいいです。

窓がたくさんあり、風通しもとてもいいです。

仕上げやディティールなど細かく指示をしていますが、いつもの職人さんだと意思の疎通がとてもスムーズで助かります。
藤川さんにはこれ許されないよね?
なんて言葉が現場で聞こえてくることは、私はいい事だと思っています。
これからもよろしくお願いします。感謝感謝。

マテリアル -I house-


こちらはつい先日から始まりましたI houseのマテリアル。

私たちは、コンセプトを押し出さず、漂うくらいにした方が色気もあるし、永く愛されると思っています。

お楽しみに。

商店建築3月号に掲載いただきました

1月号に続き3月号に私たちが手がけた「食器とパンのお店 LienLien」さまが掲載されました。
今回はクラフトショップ特集のページに掲載させていただきました。
ありがとうございます!

素敵なお店ですので、ぜひみなさま足を運んでみてください!
LienLien

works 更新しました

「青藍 丸万」さま worksにUPしました。
市中の山居、ぜひご覧下さい。
青藍 丸万

recommend -ドリスヴァンノッテン ファブリックと花を愛する男-

だいぶ前になりますが、映画を見てきました。
ドリスヴァンノッテンのドキュメンタリー映画

タイムレスで美しいモノを創ろうとする強い信念が伝わってくる素晴らしい映画でした。モノを生み出すプレッシャーと常に葛藤しながら、創り続けることがどんなに苦しいことか。。。
おこがましいですが、共感できる面がたくさんあり、見ながら苦しくもあり、その苦しさがあるからこんなにも美しいのだと思いました。

おすすめの映画です。
http://dries-movie.com/

市中の山居

先日お引渡しさせて頂いた和食店
「建築の箱の中にもう一つ建築を建てる」
現場を視察した際に感じたことが偶然にも藤川と重なりました。

コンセプトは、現代の「市中の山居」
かつて、千利休などの茶人たちは、都会の生活のなかに自然に近い空間をつくることによって、理想の暮らしを仕立て、その対比を楽しみ、こころを解放していました。
そんな空間に習い、大都会の喧騒の中に、心を静かに落ち着かせる別世界を想像しました。

外露地から内露地へ、内露地から茶室(=店内)に入るように考えられた空間は、贅沢な余白を創りだす反面、店主の動線をよりコンパクトにする利点もあります。

「ここからは僕たちの番です」
そうおっしゃってくださった店主の気持ちがとても嬉しく思いました。
これからも施主と切磋琢磨できる信頼関係、期待を超えるようなものづくりができるよう頑張ります。


お引渡し

先日進行中の和食店 無事お引渡させていただきました。
今ある店舗が少し手狭になってきたということで、昨年より物件探しから一緒に携わらせていただきました。
お施主様の想いや移転を楽しみにされている顧客様の期待を背負って。
何度も詳細を検証し創り上げていきました。

中庭に積もる雪がとても美しいです。

安にディテール(=細部)を切り取るのではなく、場所性とお施主様の想いをアウトライン(=全体)に表現しました。
そのバランスこそが永く愛されるのだと思っています。

おじさんの見立て


夜、仕事をしていると打ち合わせのついでにお菓子を大量に持ってきてくれる優しい職人さんがいます。
おじさんのたくさんの気持ちがこもった駄菓子のチョイス。
嫌いじゃないです。いや、むしろ好きかも。
いつもありがとうございます。

発見

年が明けてすぐの現場調査で向かった先はとても気持ちのいい場所でした。

近くの神社の欄干

仕事を通して知らなかった素敵な土地を知ることができてちょっと得した気分になります。。。

中にいると気づかなくても、外から見るととても魅力のあることって意外と多いですよ。
そんなところを引き出していくのも私たちのお仕事だと思います。

マテリアル -S house-

昨年より計画中の戸建てリノベーションの仕上がおおよそ決定しました。

胡桃が大好きな可愛い男の子のためにつくりました(笑)
素敵なご家族に素敵な空間を、心を込めて・・・

画像は空間イメージのマテリアルで、実際は大~きなボードにわかりやすくマテリアルを貼っていきます。
全てを伝えるのは難しいですが、なるべく細かく説明し、ニュアンスを共有できたらとおもいます。

イランイランは一人でも多くの方にイランイランを知ってもらえるよう
webリニューアルと同時にwebからインスタグラムやフェイスブックに飛べるようになりました。
ぜひいいね!やフォロー お願いします。
instagramはこちら・・・https://www.instagram.com/ylangylangfujikawa/
FACEBOOKはこちら・・・https://www.facebook.com/YLANGYLANG.org/

around me


鏡板の選別


現場の開口バランス


理想の形をつくるために特注で創った道具


ジンバブウェの石


事務所の隣地に咲く季節はずれの桜

ホームページ リニューアルしました

YLANG YLANGのwebサイトはこの度リニューアルしました。
イランイランが大事にしている「有機的」をコンセプトに創っていただきました。
素敵なwebに仕上がりましたので、ぜひご覧下さい。
http://ylang-ylang.org/


そしてYLANG YLANGは明日からお正月休みをいただきます。
来年、一層良いお仕事をお見せできるよう頭も体も休ませたいと思います。
仕事始めは、2018/1/4です。
来年もYLANG YLANGをどうぞよろしくお願いいたします。

商店建築1月号に掲載いただきました

今発売中の「商店建築 1月号」にイランイランで手がけた「天風良 にい留」と「hair&makeup ichiru」が掲載されました。

同じ号に2店舗も掲載頂いて嬉しい限りです。
早速お施主様にお届けに行きました。
そして現在進行中の現場にも持って行って職人さんにも見せてきました。
一緒に創った人達と喜びを共有できることが何よりもモチベーションに繋がるし、この仕事をやってて良かったと思う瞬間です。

ぜひ、お近くの書店にてご覧下さい。

press

YLANG YLANGで設計デザインさせていただいた
ジレカフェさん
LienLienさん
が「人気店舗デザイン年鑑2018」 に掲載いただきました。
ぜひ大型書店でお手にとってご覧下さい。

森のリース


先日merci amourさんでクリスマスリースを作りました。
グリーンが爽やかな印象の「森のリース」
初めてのグリーンを使ったリース作り、途中心折れそうになりましたが、無事完成!
手間をかけて真剣に創ったリースは、制作過程も大事な思い出になります。

日常は慌ただしいですが、たまにはこういう時間が大切だなと思います。
日々の暮らし、日常のちょっとした事に幸せを感じられる心の余裕は持っておきたいですね。


一枚板を求めて


今進行中の和食店に合う一枚板を探しにお施主様と数カ所足を運びました。
メインとなるカウンターは長さがとても長いので見つけるのも一苦労。その上、材指定、節なしと来たら当然なかなか見つかりません。
こういった材は、出会いが大切なので、プランニングと同時に前もって探し回ります。
おかげでいい一枚板との出会いができました。


なかなかのいい材です。
加工する方法、どの部分を残すかなど細かい調整を行っていきます。
これから加工をし、現場にきちんと納めるまで緊張が続きます。

どうか無事納まりますように。
もうすぐ現場も始まります。楽しみです!

マテリアル


和食店のマテリアルを吟味。
繊細かつ強く、
一番は間が大事。

「季節と暮らし」ワークショップ vol.3

「季節と暮らし」ワークショップ vol.3無事終了しました。
3時間みっちり掛けてのワークショップ。
ハンダゴテを使って作る自分だけの花器は、作りがいがあり、想いも詰まっています。
ワークショップは終始盛り上がり、楽しい時間を過ごすことができました。
お越しくださった皆様、そして今回ご協力くださった1012TERRAさん、本当にありがとうございました。



1012TERRA website
https://1012.stores.jp/

次回は来年「春」を予定しています。
詳細が決まりましたら、告知させていただきます。

明日はワークショップ


明日はワークショップです。
少し改良した事務所内も見ていただけます。
私も午後参加予定です。
上手に作れるか心配ですが、皆さんと楽しみながら作っていきたいと思います!

「季節と暮らし」ワークショップ vol.3

午前・午後 若干空きがあります。
お気軽にご参加ください。

1012 TERRA -ガラスの花器-
今回の「季節と暮らし」では、10¹² TERRA(テラ)さんをお招きして冬をテーマに「ガラスの花器を作るワークショップ」を開催します。
本ワークショップでは、ガラスとハンダ(合金)でステンドグラスの技法を用いて作る花器を製作いただきます。
ぜひお誘い合わせの上ご参加ください。

【 開催日時 】2017年 11月 12日(日)
       一部  10:00~( 3h お茶の時間を含む )
       二部  15:00~( 3h お茶の時間を含む )
【 参加費用 】¥8,000(材料費込み、お菓子・お茶つき)
【 開催場所 】イランイラン office
愛知県名古屋市千種区内山2-5-15 ミラ内山1F
地下鉄 今池駅3番出口から徒歩6分
お車の方は、コインパーキングをご利用ください。
【 持ち物 】エプロン
【 定 員 】各8名ずつ
【 申込方法 】① お名前 ② tel ③ 人数 ④ ご希望の時間(一部・二部)を本文に記載し、info@ylang-ylang.org (担当:金)までお送りください。
空席状況を確認し、こちらから返信メールを送らせていただきます。
一週間を過ぎてもご連絡がない場合、受付できていない可能性がございます。お手数ですが、再度お問い合わせください。

*薬品やハンダ等を使用しますのでエプロンをご持参ください。
*半田ごてを使用します。
*高温になる道具を使用しますので大変申し訳ありませんが、今回は12歳以下のお子様のご参加はお断りしております。
※ご予約後のキャンセルはご遠慮ください。

教えてくれる人
10¹² TERRA
TERRAはクリエイターの妻沼大介さんと山田研一さんによって2012年に設立。
植物の根を観察しながら育てるステンドグラス製の水栽培用テラリウム、
花器や家具などのオリジナル商品の制作と販売。
その他、企画・空間演出、企業の商品開発からブランディングまでトータルで
プロデュース&デザインしています。
http://1012.co/

季節と暮らしとは、名古屋の設計デザイン事務所「イランイラン」主催のワークショップです。
四季を感じ、シンプルで機能的、永く愛着を持ってもらえるもの・ことを提案するイランイランが、
そのコンセプトにあったワークショップを季節ごとに行います。
何気ない日常をちょっとしたことで快適にするもの・ことを企画します。

「季節と暮らし」ワークショップ vol.3

1012 TERRA -ガラスの花器-
今回の「季節と暮らし」では、10¹² TERRA(テラ)さんをお招きして冬をテーマに「ガラスの花器を作るワークショップ」を開催します。
本ワークショップでは、ガラスとハンダ(合金)でステンドグラスの技法を用いて作る花器を製作いただきます。

ぜひお誘い合わせの上ご参加ください。

【 開催日時 】2017年 11月 12日(日)
       一部  10:00~( 3h お茶の時間を含む )
       二部  15:00~( 3h お茶の時間を含む )
【 参加費用 】¥8,000(材料費込み、お菓子・お茶つき)
【 開催場所 】イランイラン office
愛知県名古屋市千種区内山2-5-15 ミラ内山1F
地下鉄 今池駅3番出口から徒歩6分
お車の方は、コインパーキングをご利用ください。
【 申込〆切 】11月 6日(月)
【 持ち物 】エプロン
【 定 員 】各8名ずつ
【 申込方法 】① お名前 ② tel ③ 人数 ④ ご希望の時間(一部・二部)を本文に記載し、info@ylang-ylang.org (担当:金)までお送りください。

空席状況を確認し、こちらから返信メールを送らせていただきます。
一週間を過ぎてもご連絡がない場合、受付できていない可能性がございます。お手数ですが、再度お問い合わせください。

*薬品やハンダ等を使用しますのでエプロンをご持参ください。
*半田ごてを使用します。
*高温になる道具を使用しますので大変申し訳ありませんが、今回は12歳以下のお子様のご参加はお断りしております。
※ご予約後のキャンセルはご遠慮ください。

教えてくれる人
10¹² TERRA
TERRAはクリエイターの妻沼大介さんと山田研一さんによって2012年に設立。
植物の根を観察しながら育てるステンドグラス製の水栽培用テラリウム、
花器や家具などのオリジナル商品の制作と販売。
その他、企画・空間演出、企業の商品開発からブランディングまでトータルで
プロデュース&デザインしています。
http://1012.co/

季節と暮らしとは、名古屋の設計デザイン事務所「イランイラン」主催のワークショップです。
四季を感じ、シンプルで機能的、永く愛着を持ってもらえるもの・ことを提案するイランイランが、
そのコンセプトにあったワークショップを季節ごとに行います。
何気ない日常をちょっとしたことで快適にするもの・ことを企画します。

「季節と暮らし」ワークショップ vol.3


1012 TERRA -ガラスの花器-
今回の「季節と暮らし」では、10¹² TERRA(テラ)さんをお招きして冬をテーマに「ガラスの花器を作るワークショップ」を開催します。
本ワークショップでは、ガラスとハンダ(合金)でステンドグラスの技法を用いて作る花器を製作いただきます。
花器としてだけでなく、ペン立てなど使い方は様々。 
ぜひお誘い合わせの上ご参加ください。

【 開催日時 】2017年 11月 12日(日)
       一部  10:00~( 3h お茶の時間を含む )
       二部  15:00~( 3h お茶の時間を含む )
【 参加費用 】¥8,000(材料費込み、お菓子・お茶つき)
【 開催場所 】イランイラン office
愛知県名古屋市千種区内山2-5-15 ミラ内山1F
地下鉄 今池駅3番出口から徒歩6分
お車の方は、コインパーキングをご利用ください。
【 申込〆切 】11月 6日(月)
【 持ち物 】エプロン
【 定 員 】各8名ずつ
【 申込方法 】① お名前 ② tel ③ 人数 ④ ご希望の時間(一部・二部)を本文に記載し、info@ylang-ylang.org (担当:金)までお送りください。

空席状況を確認し、こちらから返信メールを送らせていただきます。
一週間を過ぎてもご連絡がない場合、受付できていない可能性がございます。お手数ですが、再度お問い合わせください。

*薬品やハンダ等を使用しますのでエプロンをご持参ください。
*半田ごてを使用します。
*高温になる道具を使用しますので大変申し訳ありませんが、今回は12歳以下のお子様のご参加はお断りしております。
※ご予約後のキャンセルはご遠慮ください。

教えてくれる人
10¹² TERRA
TERRAはクリエイターの妻沼大介さんと山田研一さんによって2012年に設立。
植物の根を観察しながら育てるステンドグラス製の水栽培用テラリウム、
花器や家具などのオリジナル商品の制作と販売。
その他、企画・空間演出、企業の商品開発からブランディングまでトータルで
プロデュース&デザインしています。
http://1012.co/

季節と暮らしとは、名古屋の設計デザイン事務所「イランイラン」主催のワークショップです。
四季を感じ、シンプルで機能的、永く愛着を持ってもらえるもの・ことを提案するイランイランが、
そのコンセプトにあったワークショップを季節ごとに行います。
何気ない日常をちょっとしたことで快適にするもの・ことを企画します。

完成見学会のご報告

先日、イランイランのオープンハウスが無事終了いたしました。
一日限定の中、お越しくださったお客様、本当にありがとうございます。
改めて、空間で体感するとより良さが伝わることを実感しました。

お越しくださったお客様の中には、「本当に来てよかった」とおっしゃった方やその後、「オープン直後の某インテリアショップに行ってきたけど、どれもチープに見えてしまった」などの意見も頂き、イランイランとしては嬉しいお言葉を頂きました(笑)

そして何よりも「最高です!毎日うちに帰るのが楽しみです」と暮らしを楽しんでくださっているお施主様に感謝です。
全てに愛着を持って自分たちの暮らしに上手に落とし込んでくれているのが、すごく伝わりました。

今後もイランイランのデザインで少しでも多くの方が幸せになってもらえるよう精進していきたいと思います。

マンションリノベーション見学会

施主様のご厚意によりマンションリノベーションの完成見学会を10月15日に開催いたします。

―10/15(日)一日限りの完成見学会―
日程:10月15日(日)
時間:10:00~16:00(予約制)
※現在午後の方が空きがございます。
場所:名古屋市北区
   詳しい住所はご予約頂いてから、ご連絡いたします。
ご希望の方は、y@ylang-ylang.org に
お名前、ご連絡先、ご希望のお時間、家族構成(参加人数)をお書きの上、ご予約お願いいたします。
リノベーションをお考えの方はもちろん、新築注文住宅をお考えの方も是非ご参加ください!
お待ちしております!

open house -名古屋市北区-

先日お引渡しが完了したマンションリノベーション。
74㎡の中古マンションを購入されてのリノベーションです。
御夫婦とこれから生まれてくるベビーのための住まいです。
30代前半の御夫婦が今好きなもの、そして年を重ねるごとに重みが増して好きになっていくもの。
目先だけじゃない、その先を考えながらプランニングをさせていただきました。

施主様のご厚意によりマンションリノベーションの完成見学会を10月15日に開催いたします。
場所は名古屋市北区です。

オープンハウスでは、Beforeの写真、図面と一緒にどのように変化したかをご説明いたします。
また素材を選ぶポイントやバランスのとり方、イランイランの大切にしているポイントなどお話できたらと思います。
ひと組ずつしっかりお話したいので、少しずつお時間をずらしてのご案内をさせて頂いております。
お申し込み頂いた順となりますので、ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。

―10/15(日)一日限りのOPEN HOUSE―
日程:10月15日(日)
時間:10:00~16:00(予約制)
場所:名古屋市北区
   詳しい住所はご予約頂いてから、ご連絡いたします。
ご希望の方は、y@ylang-ylang.org に
お名前、ご連絡先、ご希望のお時間、家族構成(参加人数)をお書きの上、ご予約お願いいたします。

リノベーションをお考えの方はもちろん、新築注文住宅をお考えの方も是非ご参加ください!
お待ちしております!

オフィスデザイン

最近増えているオフィスリノベーション。
その会社の個性を見つけ、機能をデザインし、視覚化していきます。

今設計しているこちらの現場、とある施工会社さんからの依頼です。
仕事を一緒にし、私たちの仕事ぶりを見て、お願いしてくれました。嬉しい限りです。

建築は、一人の力ではできません。たくさんの力を結集させて出来上がるものです。
だからイランイランにとっては、信頼の置ける施工会社とその職人は大切なパートナーです。

スタッフ一人一人が自信を持って仕事しているシーンを思い浮かべながら、プランさせていただきました。
最後まで、細部にこだわっていきたいと思います。

お引渡し -N house-

なかなかアップせずにいましたが、現場は引渡しを迎えてしまいました。
今後、少しずつアップしていけたらと思います。

もうすぐ新しい家族が増える N様御夫妻。
初めてお会いした時から現場が出来上がると共に、少しずつ奥様のお腹も大きくなっていき、その過程を一緒に過ごせたのが、なによりも楽しく、嬉しい限りでした。

ここだけにしかないかっこいい空間で、ここだけにしかない素敵な家庭を築いてください。

a construction

現場始まりました。
今月は着工ラッシュです。
一つ一つ気を引き締めて、気持ちを込めて。

暮らしのこと

先日とあるお店に包丁研ぎをお願いしました。
いつもは自分で解いているのですが、基本がなっていない上になんとなくでやっていたので
研ぎ上がった自分の包丁に感動しました。
プロがやるとこんなにも違うのかと。

自分で手を加えるのは、愛着も湧きますし、何よりも注意深く物と向き合えることができます。
でも向き合って大事にしていきたいからこそ、その道のプロにお願いするということも大切だと思っています。
結果、それほど高価でない普通の包丁がすごく価値のあるものに見えましたし、
これからも大事に使っていこうと思いました。

私が物を買ったり、何かのサービスを依頼する時に気をつけている事は、
自分の時間、技量を比較した際に、依頼する場合とどちらが満足できるかを考えます。
プロの方と同じ技術はまず無理だと思っています。
何よりも経験値が違うから。
その経験値が対価になっているし、私はその対価を払って自分の時間を買っていると考えています。
ただその分、どこにお願いするかということを考えます。
実績数とかではなくどんな仕事をして、どんな姿勢でそれと向き合っているのか。

今回の包丁研ぎはそれを感じさせるくらい感動しました。
これからも大事に使っていこうと思います。

マテリアル

現在進行中のマンションリノベーションのマテリアル
ボリュームと質感のバランスを吟味しています。
そこに人が入って、暮らしが入った時に心地よく、飽きのこないデザインを大切にしています。

部分だけを見てしまうとどうしても主張している者同士のお腹いっぱいの空間になりがちです。
一歩引いて空間全体を考えるからこそ、大事な物たちが引き立ちます。

works UPしました

天風良 にい留 様 worksにUPしました。
こちら☆
niitome_019

LITRE 様 worksにUPしました。
こちら☆
litre_016

よく得意なジャンルはなんですか? とか
どんなテイストですか? と聞かれることがあります。

施主の想いを汲めれば、ジャンルは関係ないと思っています。
○○風とか言えたら伝わりやすいのかなと思いますが、そんな一括りにしたくないのが正直な気持ちでしょうか。
和食店であろうが、カフェであろうが、イランイランのテイストだと思っています。

スペースデザインアワード授賞式に行ってきました

先日 東京で開催されました家具メーカー パブリックさん主催のスペースデザインアワード授賞式に行ってきました。
「つなぐ」がテーマのアワードでイランイランが設計させていただいた「はじまるカフェ ほほえみ」様(デイサービス)が入賞をいただきました。

受賞した作品は こちら☆
このようなアワードはあまり出すことがないのですが、実は審査員の方々が素晴らしいので応募しました。

イランイランは、華美なデザインではなく、日常に溶け込むデザインを心がけています。
そんな中でこのような建築家の方々が選んでくださったことが、何よりの励みになりますし、大変嬉しく思います。

IMG_1634
授賞式後の懇親会では、審査員や受賞された建築家の方々とお話する機会があり、大変刺激を受けました。
まだまだだな。と思う反面、そのままの道で頑張ればいい。とすっと筋が通ったようでした。

今回授賞式と抱合せで、その他打ち合わせもこなしてきました。
お施主様やたくさんの方々にお会いして、大変刺激になった出張でした。

IMG_1626

「季節と暮らし」~ボタニカルソイキャンドル編~

昨日はイランイランのワークショップ「季節と暮らし」の第2回目でした。
sheep_RGB

今回予約が取れなかった方もいらっしゃったくらい、たくさんの方からお問い合わせ頂きました。
みなさん、真剣に作ってくださり、真剣にお話も聞いてくださって、とても有意義な時間が過ごせました。

IMG_1613

_DSC7072
お越し頂いた方々、本当にありがとうございます。
そしてこの企画に快く協力してくださったsheepさん、ありがとうございます。

物は使ってからこそ、側に置いておく意味があると思います。
ぜひ素敵なボタニカルソイキャンドルを使ってください。
_DSC7080

次回のワークショップも企画中です。
詳細はまたUPしていきたいと思います。

天風良 にい留

本日「天風良 にい留」オープンしました。

今回移転に伴い、再び一緒にお仕事させていただける事に感謝と共に、自分たちにとってもさらなる挑戦でもありました。

茶道の世界では「一座建立」という精神が大事とされています。
招いた者(亭主)と招かれた客の心が通じ合い、気持ちのよい状態が生まれる。

今回携わらせていただいた「天風良 にい留」様のおもてなしには茶の湯の考えに似ている点があります。
それを基本趣旨と考え、構築していきました。

店主と客人がカウンターを挟んで身分の隔てなく一会を共にする。
店主は客人を気持ちよく迎える為に準備をし、
客人は手入れをされたアプローチを通り、戸を引きます。
戸を引くことで一会の進行を意味し、ここより別の世界へと進むことになります。
店内は店主にとって「もてなしの場」であり、「用途や客への配慮からの工夫」が至るところに施されます。

本プロジェクトに当たり、たくさんの書物を読み、茶室建築についてもたくさん学びました。
現実的な使い勝手と伝統技法のバランスのとり方は簡単ではありません。
ここでは「和」の基本は守りつつ、精神的な個性がある「にい留好み」(好みとはその人がその人の考えで直接建てたという意味)を表現しました。

IMG_1564

「季節と暮らし」vol.2 ボタニカルソイキャンドル

イランイランのワークショップ「季節と暮らし」vol.2
「ボタニカルソイキャンドル」

現在、午後の2部は満席になりました。
午前の1部は若干空きがございます。

締切は5/10までです。
お気軽にご参加ください。
詳細は、こちら

IMG_1542

「季節と暮らし」vol.2 ボタニカルソイキャンドル

イランイランのワークショップ「季節と暮らし」vol.2
今回は、DESIGN & PRODUCTS SHEEPさんにお願いして
「ボタニカルソイキャンドル」を作っていただきます。

現在、1部・2部とも若干名空きがございます。
締切は5/10までです。
お気軽にご参加ください。

workshop

季節と暮らしとは?
季節と暮らしは、名古屋の設計デザイン事務所「イランイラン」主催のワークショップです。
四季を大切に、暮らしを豊かにするイランイランが、そのコンセプトにあったワークショップを季節ごとに行います。
ベーシックだけど、毎日満足できる存在感あるもの、あなたの普段の暮らしがもっと楽しくもっと素敵になるお手伝いをします。

「ボタニカルキャンドル」
その優しい存在感は、いつもの暮らしを
ちょっと素敵にしてくれます。
自分らしい丁寧な暮らしの中で
安心して使えるキャンドルを作ってみませんか?
ソイワックス100%のソイキャンドルに、
季節の生花をひとつひとつ丁寧にドライフラワーにし、
キャンドルの外側を彩ります。
火を灯せば、植物の影が浮かび上がり、
とても幻想的な灯りが空間を演出します。
【開催日時】2017年 5月 21日(日)
      一部 10:00- (2hお茶の時間を含む)
      二部 14:00- (2hお茶の時間を含む)
【参加費用】¥4,200(材料費込み、お菓子・お茶つき
【申込〆切】5月 10日(水)
【 持ち物 】必要な方はエプロン、お持ち帰り用の袋
【申込方法】➀お名前 ➁tel ➂人数 ➃ご希望の時間(一部・二部)
      を本文に記載し、info@ylang-ylang.org(担当:金)までお送りください。
空席状況を確認し、5/15までにこちらから返信メールを送らせていただきます。
万が一ご連絡がない場合、受付できていない可能性がございます。お手数ですが、再度お問い合わせください。

教えてくれる人
山川立真/DESIGN & PRODUCTS SHEEP  主催 
「暮らしの中に温度を感じるものづくり」 をテーマに、
ひとつひとつ手づくりのソイキャンドル
ロゴや広告などのデザイン、ディレクション/ブライダルアイテムや
活版印刷のペーパーアイテムなどを制作するデザインアトリエ。
2017.04.29 自身の手がけるショップもオープン。
http://sheep-dps.jp/

in 金沢

先日、金沢へ行ってきました。
メインの目的はまだ言えませんが、小京都と言われる文化を堪能してきました。
古い町並みとアートが日常にある風景がとても素敵でした。
IMG_1277
IMG_1282
21世紀美術館
こちらはご存知の方も多いと思いますが、SANAA設計

IMG_1272
シェアホテルHATCHi内のカフェ

IMG_1306
鈴木大拙館
こちらは谷口建築設計研究所の谷口吉生さんの設計です。

少し足を伸ばして山代温泉、片山津温泉へ行きました。
IMG_1383yamashiro_soyu_meguri
「古総湯」復元ではありますが、明治時代の総湯を復元しています。
中は撮影禁止なので、公式ホームページより拝借しました。
とても素敵な空間で一見の価値ありです。

IMG_1351
こちらは加賀片山津温泉 総湯
谷口吉生さんの設計です。
こちらは「潟の湯」と「森の湯」があり、毎日男女が入れ替わるのですが、
「潟の湯」を期待していましたが、この日は女湯が「森の湯」でした。残念。。。

IMG_1381
「須田菁華窯」
北大路魯山人が初めて陶芸に触れ開眼していることで有名です。
ちなみに下の看板が魯山人作です。
土を揉み、ロクロを蹴り、絵筆を走らせ、登り窯で松薪で焼き、上絵窯を焚く。
現在も古九谷の工法を守り続けている唯一の窯元です。
少しお話も伺えて、心地よい時間を過ごすことができました。

たくさんの文化に触れ、改めて私たちのやるべき事が明確になったいい旅でした。

天風良 にい留様 お引渡し

先日、天風良にい留さま、お引き渡し完了しました。
間に重きを置きながら、素材の取り合わせを大切にデザインさせて頂きました。
「日本らしさ」「日本の美意識」を考えるいい機会になりました。
IMG_1237

イランイランワークショップ「季節と暮らし」vol.2

日に日に暖かくなり、春の陽気が気分も上げてくれますね。
イランイランのワークショップ「季節と暮らし」vol.2が決定しました。

今回は、春がテーマ。
春らしい草花で作る「ボタニカルソイキャンドル」です。

昨年、北欧に行った時に民泊をしました。
とても素敵なお宅だったのですが、何よりも灯りをとても上手に丁寧に使っている印象を受けました。
全体照明は少なく、ダイニングテーブルや本を読むであろうパーソナルソファに局所照明を上手に使っていました。
またリビングやバス、ダイニングなど至るところにキャンドルがあり、夜になると柔らかな灯りが空間を演出していました。
そんなちょっとしたことで人の心が穏やかになるって素敵なことだし、大事なことだと思います。

今回DESIGN & PRODUCTS SHEEPさんをお呼びして
「ボタニカルソイキャンドル」を作っていただきます。
ぜひみなさん、ご参加ください。
workshop
季節と暮らしとは?
季節と暮らしは、名古屋の設計デザイン事務所「イランイラン」主催のワークショップです。
四季を大切に、暮らしを豊かにするイランイランが、そのコンセプトにあったワークショップを季節ごとに行います。
ベーシックだけど、毎日満足できる存在感あるもの、あなたの普段の暮らしがもっと楽しくもっと素敵になるお手伝いをします。

「ボタニカルキャンドル」
その優しい存在感は、いつもの暮らしを
ちょっと素敵にしてくれます。
自分らしい丁寧な暮らしの中で
安心して使えるキャンドルを作ってみませんか?
ソイワックス100%のソイキャンドルに、
季節の生花をひとつひとつ丁寧にドライフラワーにし、
キャンドルの外側を彩ります。
火を灯せば、植物の影が浮かび上がり、
とても幻想的な灯りが空間を演出します。

【開催日時】2017年 5月 21日(日)
      一部 10:00- (2hお茶の時間を含む)
      二部 14:00- (2hお茶の時間を含む)
【参加費用】¥4,200(材料費込み、お菓子・お茶つき
【申込〆切】5月 10日(水)
【 持ち物 】必要な方はエプロン、お持ち帰り用の袋
【申込方法】➀お名前 ➁tel ➂人数 ➃ご希望の時間(一部・二部)
      を本文に記載し、info@ylang-ylang.org(担当:金)までお送りください。
空席状況を確認し、5/15までにこちらから返信メールを送らせていただきます。
万が一ご連絡がない場合、受付できていない可能性がございます。お手数ですが、再度お問い合わせください。

教えてくれる人
山川立真/DESIGN & PRODUCTS SHEEP  主催 
「暮らしの中に温度を感じるものづくり」 をテーマに、
ひとつひとつ手づくりのソイキャンドル
ロゴや広告などのデザイン、ディレクション/ブライダルアイテムや
活版印刷のペーパーアイテムなどを制作するデザインアトリエ。
2017.04.29 自身の手がけるショップもオープン。
http://sheep-dps.jp/

ジレカフェ

豊田市にデザイン設計させていただきました
ジレカフェ 本日オープンです。
ぜひ素敵な空気感と料理を味わいにお立ち寄りください。
http://jirecafe.com/

IMG_1126

IMG_1127

total direction:YLANG YLANG
design:YLANG YLANG + 本多都市建築設計事務所
construction trader:太啓建設株式会社
graphic design:sheep
photographer:Tomooki Kengaku(Nacása&Partners)

現場の色々

IMG_0942

IMG_0943

IMG_0932

IMG_0991

IMG_0992

IMG_0994

ジレカフェ 新築工事

愛知県豊田市に新たにオープンする「ジレカフェ」
撮影を終えworksにUPしました。
こちら☆

朝4時からの撮影では、気持ちのいい朝焼けから途中小雪が降り、素晴らしい景観が見れました。
facebookにその様子をUPしていますので、ぜひご覧下さい。
facebookはこちら☆

久々の新築からの現場。
素晴らしい仲間に恵まれ、途中色々ありましたが、最後はみなさん笑顔で「いい空間になりましたね」と言い合える。
それでいいと思います。
だってみんな真剣に創っているから、ぶつかる事があってもおかしくない。
最後にみんな達成感があって笑えれば、お施主様に「ありがとう」って言ってもらえれば、それだけで救われます。

2017.04.05(水)オープンです。
〒473-0374 愛知県豊田市伊保町下川原97-8
open 11:00-21:00(L.O. 20:30 )
close 火曜日定休
tel 0565-85-8775
http://jirecafe.com/

91

total direction:YLANG YLANG
design:YLANG YLANG + 本多都市建築設計事務所
construction trader:太啓建設株式会社
graphic design:sheep
photographer:Tomooki Kengaku(Nacása&Partners)

食器とパンのお店 お引渡し

昨日無事引き渡しが終了しました。
何件もお引き渡ししてますが、引き渡し前は未だに緊張します。

昨日のお施主様は、食器とパンのお店 リアンリアンさん。
IMG_0853
マルミツ陶器さんや北欧の食器と、オーナーが焼いたパンが店内に並びます。
考えただけでも素敵なお店になりそう。
店舗もそのイメージを大事にデザインしました。
IMG_0852
商品が引き立つ様に主張せず、商品をより素敵に魅せる為、細部にこだわる。

オーナー様のショップコンセプトは『お気に入りの器を見つけて食事を豊かに』

店内は、商品として置かれる器のように、
シンプルで使いやすい機能性と、上質な素材で丁寧に作られたデザイン性、どちらも兼ね備えています。
器のように永く愛され、”ありのままの、美しいくらし”を表現しました。
IMG_0858
気のおけない仲間と過ごす豊かさや、
自然と人間のありのままの関係性を感じさせてくれる絆=Lienのあるお店になって欲しいと思います。

4/14 オープンです。詳細はまたアップします。
IMG_0855

a construction

先日 豊田市内に新築中のカフェが無事お引き渡し完了しました。
本当はブログで現場の工事写真をUPしたかったのですが、バタバタと…(言い訳ですね)
気づけば、引き渡しまで終わってしまいました。。。

先日撮影をし、今はオーナー様が準備に向けて奮闘中です。

01ce3bdf946aabe3abe35f64d1379aabc99c6b8bb1
明け方4時からの撮影は大変でしたが、その時間にしか出ない空がすごく美しくて、眠気も寒気も吹っ飛びました。
面白い天気で、雪景色から青空まで見せてくれました。なんだか撮影して欲しいかのようにタイミング良く。。。
写真が出来上がるのが楽しみです。

01ed2b548a110ea87dacd200c105350a789a56a8f1
この敷地を見たときに素晴らしいロケーションをどうにか活かしたいと思い、考えました。
地元の方から見ると当たり前の事でも、そうでない人から見るとすごく魅力的に見えるものもあります。
そのポテンシャルを探すのも設計の仕事です。

0178363481ee4aeb2eac1f37cc0a23d6ba2df34f48
窓から景色を見るオーナーさんと藤川、監督さん。

019c1b5eb31d89bca364171f40e1530ebd808cd021
射しこむ光がとても美しいです。

建築は、本当にたくさんの方が関わる業種です。
このたくさんの方々の協力なしでは、自分の考えたものは出来上がらない、ただの机上のもので終わってしまいます。
机上で考え、人と話し、ぶつかり、試し、毎日その繰り返しで出来上がっています。
今回初めての施工会社さんとのお仕事でしたが、監督はじめ、素晴らしい職人さんに恵まれ素晴らしい現場でお仕事させていただきました。
こんな機会をいただいたオーナー様に感謝します。

4/5 OPENです。
またオープンが近くなりましたら、ご報告します。

中日本航空専門学校 学生食堂

中日本航空専門学校 新校舎内 学生食堂 
先日ようやく家具が入ってお引き渡し完了しました。

撮影も無事終え、YLANG YLANG worksにUPしました。
学生たちで賑わっている感じが早く見たいですね。

中日本航空専門学校 新校舎内 学生食堂 

015

a construction

年始からバタバタとお仕事が動いています。

現在進行中のカフェの新築。
豊田市内に4月OPEN予定です。
IMG_0250
IMG_0270
断熱材を充填し、下地材を貼っていきます。
下地の入れ方で、施工会社さんの気遣い度が多少わかります。
こちらの現場、下地の入れ方も綺麗に入れてくれています。

0163e1586ae0d70ebf2932eec692700914d17391fe
あまりお見せするところではないですが、こういった設備の納め方も非常に大事だと思っています。
デザインと聞くと色や素材がメインのように聞こえますが、それらも当然重要ですが、
こういった設備や動線などの機能面をどうクリアしていくかを考える方が難しく、時間もかかります。
機能とデザインを切り離して考えてしまうと、予想外のところに配管が出てたり・・・なんてこともあります。
機能と意匠が兼ね備えているのが、デザインであり設計のお仕事だとイランイランは考えます。

01e99eda42a4eb98cae89f58db0dce05804d04be85

IMG_0361
古材も入ってきました。
こちらも一つ一つ吟味し、配置バランスを決めていきます。

IMG_0397
椅子を持ってきて高さの確認。

現場は外装も終盤、内装工事が徐々に始まり、ワクワク感も増してきました。
温度の同じ(もしくは自分たちの上を行く)職人さん、監督さんとのやりとりは本当に楽しく、学ぶことがたくさんあります。
店名・ロゴ等のソフト面も着々と出来上がりました。
最後まで気を引き締めていいお店にしたいと思います。

2017年もよろしくお願いします

明けましておめでとうございます。
YLANG YLANGは1/5より始動しております。

旧年中は、相も変わらず忙しくお仕事させていただきました。
ただ昨年は、たくさんの方と向き合い、色々な場所に身を置くことでイランイランの方向性が例年よりも明確になってきたように思います。
今年はその目標に向かって真摯に歩んで行きたいと思います。

本年もYLANG YLANGをどうぞよろしくお願い申し上げます。
img_0324

お引き渡し

ワークショップだけでなく、バタバタと現場も進んでおります。

年内最後のお仕事は、関市にある中日本航空専門学校様の新校舎内 学生食堂のお引き渡し。
家具は新学期前にという事で待機中ですが、家具が入ったらもっといい空間になると思います。
img_0297
img_0298
テーマは、超訳 ニーチェの言葉から「人生を最高に旅せよ!」
飛行機の整備士などの空のお仕事を目指す学生たちへ、広い世界を見てほしいと思い、計画させていただきました。

食堂内には、世界地図のアートワークを施しました。
ディスプレイ棚には、地球儀を。
広いフロアの中にはサークルベンチを設け、変化のある空間としました。

img_0294
img_0286
食堂の厨房は広さもあり、設備も様々で特殊です。
今回はオープンキッチンとし、アイコンでメニューをカテゴライズしています。

お施主様も喜んでくださり、一安心。
家具が入りましたら、またアップしたいと思います。

Merry Christmas!

img_7480

Merry Christmas☆

CATEGORIES

RECENT POSTS

ARCHIVE

error: Content is protected