TASTORY COFFEE AND ROSTER

先日竣工写真の撮影に行ってきました。

竣工写真ができたらwebにUPしたいと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

コーヒー豆の販売中心の店舗です。

荒めの板とどこか涼しげで清潔感のある色の釉薬のタイルが

上手く調和してます。

Exif_JPEG_PICTURE

インダストリアルな雰囲気の板張りのところは、

コーヒーグッズの販売スペース。

オーナーさんのコーヒーのお話を聞きながら、

自分に合った大切な道具を

見つけてください。

道具はこれからまだまだ入荷されるみたいです。

楽しみですね。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTUREいろんな種類のコーヒーを頂けるスペースもあります。

焙煎機も見える位置にあって

ここで毎日焙煎してます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

昼と違って夕方になると店内が浮き上がって見えます。

一日で表情が変わっていくのは、イランイランとしても大切にしています。

全く同じ日はないので、ほんの些細なことで見える景色が変わっていく。

そんな日常の美しさを大切にしていきたいですね。

 

撮影で改めて伺いましたが、本当に素敵なお店ができたと思います。

オーナーさん、現場監督、職人さんやメーカーさん、

建築は本当にたくさんの人たちが携わります。

だからいつまでも残ってほしいと思う今日この頃です。

 

TASTORY COFFEE AND ROASTER
岐阜県大垣市鶴見町288
t : 0584-47-8336
10:00~18:00
定休日:水曜

instagram 始めてます

よかったら見てみてください。

フォローもよかったら。

https://instagram.com/ylangylangfujikawa/

 

Fujikawa

新たに仲間入り

11049349_1383865151933965_2041186492_n

新たに仲間入りした観葉植物。

キッチンがより一層お気に入りの場所になりました。

 

下地寸法と仕上げ寸法と納まり

内覧会のない今日は一日図面DAYです。

どうやって造るか、考え方一つで工程、コスト、見え方、感じ方

大きく変わります。

こう納めたいという意思を職人さんにいかに伝えてそれを実現するには

まずは自分が把握をしないといけない。

図面やスケッチを描いて自分で組み立ててみる。

「この仕上げの厚みが18㎜でこっちの仕上げは30㎜だから・・・

そうすると下地はこの寸法で・・・チリがどんだけあって・・・」

とか、

「ここの絡みがおかしくなるから、こう納めよう、そしたらここはこう見えてくるから・・・」

一人でぶつぶつ言いながら、仕上げています。

お客様と職人さん、そして自分に真摯に向き合うこと、

そのためには図面を描くことは本当に大事な仕事だと思います。

IMG_5924

TASTORY AND COFFEE ROASTER 現場-2

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTUREIMG_2586

IMG_2593Exif_JPEG_PICTUREIMG_2950IMG_2945IMG_2935IMG_2940IMG_2960IMG_2969Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

CATEGORIES

RECENT POSTS

ARCHIVE

error: Content is protected